宅建資格ゲッター - 宅地建物取引士を目指すすべての人に!

税法の攻略法





税法について、宅建資格ゲッターでは、捨てます!!(キッパリ)

 

税法については毎年2問出題されています。ただ、めんどくさい!税法に時間を割いているんだったら、満点を狙う宅建業法や法令上の制限の勉強に時間を割くべきです。

 

ただし、比較的簡単な固定資産税、不動産取得税、印紙税に関してはチェックしておいてもいいかもしれません。

しかし、宅建資格ゲッターでは、詳しく説明しません。要点だけを勉強したいと思います。

もし、詳しく勉強したいという方は、本屋さんで本を購入してください。

 

税法を勉強するためのことばの説明

税法を勉強する上でことばの意味を知っておかなくてはなりません。

 

税法 ことばの説明
課税主体

課税主体とは、税を課す者のことです。

大きく、国と地方公共団体があります。

  1. 国税
    所得税、印紙税、登録免許税、相続税、贈与税
  2. 地方税
    固定資産税、不動産取得税、都市計画税
課税客体

税を課す対象のことです。

たとえば、不動産取得税であれば、土地、家屋。

納税義務者

税を納める義務を負う者のことです。

課税標準・税率・税額

課税標準とは、税額の計算を行う上での基礎となる金額のことです。

課税標準×税率=税額

特例措置・軽減税率・税額控除

税金が安くなるように、いろいろな方法があります。

特例措置→課税標準に対して

軽減税率→税率に対して

税額控除→税額に対して

免税点

一定の課税標準に対して課税しないとする金額

固定資産税の場合

  1. 土地30万円未満
  2. 家屋20万円未満
  3. 償却資産150万円未満


 

宅建資格ゲッター問題集

 

宅建試験カウントダウン

宅建試験まで

人気記事ランキング

35条書面 重要事項の説明

都市計画法‐都市計画法の内容

報酬に関する制限

都市計画法‐開発許可

法令上の制限の攻略法

不動産登記法

建築基準法‐容積率・建ぺい率

建築基準法‐道路規定

宅建業免許

37条書面 契約内容を記載した書面

 

過去問ランキング

平成21年宅建過去問 問19

平成20年宅建過去問 問20

平成22年宅建過去問 問3

平成21年宅建過去問 問7

平成20年宅建過去問 問2

平成20年宅建過去問 問9

平成20年宅建過去問 問13

平成22年宅建過去問 問7

平成22年宅建過去問 問6

平成20年宅建過去問 問6

ログイン

è