宅建資格ゲッター - 宅地建物取引士を目指すすべての人に!

宅建業法の攻略法





宅建業法関係については超重要な項目がたくさん出題されます。

宅地建物取引士になるのでしたら、必ず理解しておかなければならない法律です。

この宅建業法と住宅瑕疵担保履行法から例年20問出題されます。

 

 

宅建業法の攻略法

宅建業法では、不動産業に関する法律が規定されています。

その中には、不動産業を営むために必要な免許についてや、宅地建物取引士について、この法律に違反したときの罰則についてなど、様々な規定が記されています。

 

私たちは、少なからず不動産に興味があり不動産業に従事しようとすることが目的で宅地建物取引士の資格を取得しようとしていますよね。

だから、興味を持って勉強することができ、理解も速いです。

 

宅建業法の項目では全問正解を目指します!

宅建資格ゲッターでは、民法はあきらめました。

しかし、宅建業法の問題(例年20問)は全問正解!パーフェクト!を目指します。

 

そのために、完璧に勉強し、どんなひっかけ問題でも正解できるようにします。

 

パーフェクトを目指すためには

パーフェクトを目指すためには、問題を解いて解いて解きまくって、間違ったところは理解するまでテキストを見直して、ネットで調べて、人に聞いて!

あらゆることをして理解します。

 

資格合格を掴み取るには

宅地建物取引士資格合格を掴み取るには、この宅建業法の完璧が必要です。

この項目で全問正解を勝ち取れば、後は13問程度正解すればよいことになります。(例年33点から35問程度が合格ラインです)

 

 



 

宅建資格ゲッター問題集

 

è