宅建資格ゲッター - 宅地建物取引士を目指すすべての人に!
宅建資格ゲッター > 平成23年度宅建過去問

平成23年宅建過去問 問1

【問 1】A所有の甲土地につき、AとBとの間で売買契約が締結された場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。 Bは、甲土地は将来地価が高騰すると勝手に思い込ん...


平成23年宅建過去問 問2

【問 2】Aは、自己所有の甲不動産を3か月以内に、1,500万円以上で第三者に売却でき、その代金全額を受領することを停止条件として、Bとの間でB所有の乙不動産を2,000万円で購入する売買契約を締結し...


平成23年宅建過去問 問3

【問 3】共有に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。 各共有者は、いつでも共有物の分割を請求することができるが、5年を超えない期間内であれば、分割をしない...


平成23年宅建過去問 問4

【問 4】根抵当権に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。 根抵当権者は、総額が極度額の範囲内であっても、被担保債権の範囲に属する利息の請求権については、その満期となっ...


平成23年宅建過去問 問5

【問 5】AがBに対して1,000万円の代金債権を有しており、Aがこの代金債権をCに譲渡した場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。 AB間の代金債権に...


平成23年宅建過去問 問6

【問 6】Aは自己所有の甲建物をBに賃貸し賃料債権を有している。この場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。 Aの債権者Cが、AのBに対する賃料債権を差し押...


平成23年宅建過去問 問7

【問 7】Aは、Bに対し建物を賃貸し、Bは、その建物をAの承諾を得てCに対し適法に転貸している。この場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。 BがAに対...


平成23年宅建過去問 問8

【問 8】AがBに対して金銭の支払いを求める場合における次の記述のうち、AのBに対する債権が契約に基づいて発生するものはどれか。 青信号で横断歩道を歩いていたAが、赤信号を無視した自動車にはね...


平成23年宅建過去問 問9

【問 9】次の1から4までの記述のうち、民法の規定及び下記判決文によれば、明らかに誤っているものはどれか。   (判決文) 売買の目的物である新築建物に重大な瑕疵がありこれ...


平成23年宅建過去問 問10

【問 10】AがBから事業のために、1,000万円を借り入れている場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。 AとBが婚姻した場合、AのBに対する借入金債務は...


宅建試験カウントダウン

宅建試験まで

人気記事ランキング

35条書面 重要事項の説明

都市計画法‐都市計画法の内容

手付貸与等の禁止

その他・業務に関する規制

都市計画法‐開発許可

報酬に関する制限

建築基準法‐用途制限

媒介契約・代理契約

監督処分‐宅建業者

建築基準法‐容積率・建ぺい率

 

過去問ランキング

平成20年宅建過去問 問1

平成21年宅建過去問 問19

平成22年宅建過去問 問4

平成20年宅建過去問 問13

平成21年宅建過去問 問7

平成20年宅建過去問 問9

平成21年宅建過去問 問20

平成23年宅建過去問 問19

平成20年宅建過去問 問2

平成21年宅建過去問 問40

ログイン

è