宅建資格ゲッター - 宅地建物取引士を目指すすべての人に!
宅建資格ゲッター > 平成22年度宅建過去問

平成22年宅建過去問 問1

【問 1】制限行為能力者に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。 土地を売却すると、土地の管理義務を免れることになるので、婚姻していない未成年者が土地を売却するに当たっ...


平成22年宅建過去問 問2

【問 2】AがA所有の甲土地の売却に関する代理権をBに与えた場合における次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。なお、表見代理は成立しないものとする。 Aが死亡した後であっても...


平成22年宅建過去問 問3

【問 3】所有権及びそれ以外の財産権の取得時効に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。 土地の賃借権は、物権ではなく、契約に基づく債権であるので、土地の継続...


平成22年宅建過去問 問4

【問 4】AがBから甲土地を購入したところ、甲土地の所有者を名のるCがAに対して連絡してきた。この場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。 CもBから甲土地...


平成22年宅建過去問 問5

【問 5】AはBから2000万円を借り入れて土地とその上の建物を購入し、Bを抵当権者として当該土地及び建物に2000万円を被担保債権とする抵当権を設定し、登記した。この場合における次の記述のうち、民法...


平成22年宅建過去問 問6

【問 6】両当事者が損害の賠償につき特段の合意をしていない場合において、債務の不履行によって生じる損害賠償請求権に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。 債権者...


平成22年宅建過去問 問7

【問 7】民法第423条第1項は、「債権者は、自己の債権を保全するため、債務者に属する権利を行使することができる。ただし、債務者の一身に専属する権利は、この限りでない。」と定めている。これに関する次の...


平成22年宅建過去問 問8

【問 8】保証に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。 保証人となるべきものが、主たる債務者と連絡を取らず、同人からの委託を受けないまま債権者に対して保証し...


平成22年宅建過去問 問9

【問 9】契約の解除に関する次の1から4までの記述のうり、民法の規定及び下記判決文によれば誤っているものはどれか 。   (判決文)  同一当時者間の債権債務関係がその形式は甲契...


平成22年宅建過去問 問10

【問 10】遺言に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。 自筆証書遺言は、その内容をワープロ等で印字していても、日付と氏名を自書し、押印すれば、有効な遺言となる。 ...


宅建試験カウントダウン

宅建試験まで

人気記事ランキング

35条書面 重要事項の説明

都市計画法‐都市計画法の内容

都市計画法‐開発許可

報酬に関する制限

法令上の制限の攻略法

建築基準法‐容積率・建ぺい率

不動産登記法

建築基準法‐道路規定

37条書面 契約内容を記載した書面

宅建業免許

 

過去問ランキング

平成21年宅建過去問 問19

平成20年宅建過去問 問20

平成20年宅建過去問 問13

平成21年宅建過去問 問20

平成22年宅建過去問 問7

平成22年宅建過去問 問6

平成22年宅建過去問 問3

平成21年宅建過去問 問7

平成20年宅建過去問 問9

平成21年宅建過去問 問22

ログイン

è