宅建資格ゲッター - 宅地建物取引士を目指すすべての人に!
宅建資格ゲッター > 平成21年度宅建過去問

平成21年宅建過去問 問41

【問 41】宅地建物取引業者A(消費税課税事業者)が売主B(消費税課税事業者)からB所有の土地付建物の媒介の依頼を受け、買主Cとの間で売買契約を成立させた場合、AがBから受領できる報酬の上限額は、次の...


平成21年宅建過去問 問42

【問 42】次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。なお、この問において、契約行為等とは、宅地若しくは建物の売買若しくは交換の契約(予約を含む。)若しくは宅地若しくは建物の...


平成21年宅建過去問 問43

【問 43】次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。 宅地建物取引業者の従業者である取引主任者は、取引の関係者から事務所で従業者証明書の提示を求められたときは、この...


平成21年宅建過去問 問44

【問 44】宅地建物取引業保証協会(以下この問において「保証協会」という。)に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。 保証協会は、宅地建物取引業者の相手方か...


平成21年宅建過去問 問45

【問 45】宅地建物取引業法の規定に基づく監督処分に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 国土交通大臣に宅地建物取引業を営む旨の届出をしている信託業法第3条の免許を受けた信託会社は、...


平成21年宅建過去問 問46

【問 46】独立行政法人住宅金融支援機構(以下この問において「機構」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 機構は、民間金融機間が貸し付けた住宅ローンについて、住宅融資保険...


平成21年宅建過去問 問47

【問 47】宅地建物取引業者が行う広告等に関する次の記述のうち、不当景品及び不当表示防止法(不動産の表示に関する公正競争規約の規定を含む。)によれば、正しいものはどれか。 平成元年4月1日に建...


平成21年宅建過去問 問48

【問 48】宅地建物の統計等に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 平成21年地価公示(平成21年3月公表)によれば、平成20年1月以降の1年間の地価変動率は、全国平均ではすべての用...


平成21年宅建過去問 問49

【問 49】土地に関する次の記述のうち、不適当なもはどれか。 山地の地形は、かなり急峻で大部分が森林となっている。 台地・段丘は、農地として利用され、また都市的な土地利用も多い。 低地...


平成21年宅建過去問 問50

【問 50】建物の構造に関する次の記述のうち、不適当なものはどれか。 鉄骨構造の特徴は、自重が重く、耐火被覆しなくても耐火構造にすることができる。 鉄筋コンクリート構造は、耐火、耐久性が大...


宅建試験カウントダウン

宅建試験まで

人気記事ランキング

35条書面 重要事項の説明

都市計画法‐都市計画法の内容

報酬に関する制限

都市計画法‐開発許可

法令上の制限の攻略法

不動産登記法

建築基準法‐容積率・建ぺい率

建築基準法‐道路規定

宅建業免許

37条書面 契約内容を記載した書面

 

過去問ランキング

平成21年宅建過去問 問19

平成20年宅建過去問 問20

平成22年宅建過去問 問3

平成21年宅建過去問 問7

平成20年宅建過去問 問2

平成20年宅建過去問 問9

平成20年宅建過去問 問13

平成22年宅建過去問 問7

平成22年宅建過去問 問6

平成20年宅建過去問 問6

ログイン

è