宅建資格ゲッター - 宅地建物取引士を目指すすべての人に!
宅建資格ゲッター > 平成21年度宅建過去問

平成21年宅建過去問 問21

【問 21】土地区画整理法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 土地区画整理事業の施行者は、換地処分を行う前において、換地計画に基づき換地処分を行うため必要がある場合においては、施...


平成21年宅建過去問 問22

【問 22】農地法(以下この問において「法」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 土地区画整理法こ基づく土地区画整理事業により道路を建設するために、農地を転用しようとする者は...


平成21年宅建過去問 問23

【問 23】住宅用家屋の所有権の移転登記に係る登録免許税の税率の軽減措置(以下この問において「軽減措置」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 軽減措置の適用対象となる住宅用家...


平成21年宅建過去問 問24

【問 24】印紙税に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 「平成21年10月1日付建設工事請負契約書の契約金額3,000万円を5,000万円に増額する」旨を記載した変更契約書は、記載金額...


平成21年宅建過去問 問25

【問 25】地価公示法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 公示区域内の土地を対象とする鑑定評価においては、公示価格を規準とする必要があり、その際には、当該対象土地に最も近接する標準地...


平成21年宅建過去問 問26

【問 26】次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。 本店及び支店1か所を有する法人Aが、甲県内の本店では建設業のみを営み、乙県内の支店では宅地建物取引業のみを営む...


平成21年宅建過去問 問27

【問 27】宅地建物取引業の免許(以下この問において「免許」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはいくつあるか。   ア 破産者であった個人Aは、復権を得てから5年を経過...


平成21年宅建過去問 問28

【問 28】次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、正しいものはどれか。 法人である宅地建物取引業者A(甲県知事免許)は、役員の住所について変更があ...


平成21年宅建過去問 問29

【問 29】次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。 都道府県知事は、不正の手段によって宅地建物取引主任者資格試験を受けようとした者に対しては、その試験を受けること...


平成21年宅建過去問 問30

【問 30】宅地建物取引業者A(国土交通大臣免許)が、宅地建物取引業法の規定に基づき供託する営業保証金に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 Aは、営業保証金を主たる事務所又はその他の事...


宅建試験カウントダウン

宅建試験まで

人気記事ランキング

35条書面 重要事項の説明

都市計画法‐都市計画法の内容

報酬に関する制限

都市計画法‐開発許可

法令上の制限の攻略法

不動産登記法

建築基準法‐容積率・建ぺい率

建築基準法‐道路規定

宅建業免許

37条書面 契約内容を記載した書面

 

過去問ランキング

平成21年宅建過去問 問19

平成20年宅建過去問 問20

平成22年宅建過去問 問3

平成21年宅建過去問 問7

平成20年宅建過去問 問2

平成20年宅建過去問 問9

平成20年宅建過去問 問13

平成22年宅建過去問 問7

平成22年宅建過去問 問6

平成20年宅建過去問 問6

ログイン

è