宅建資格ゲッター - 宅地建物取引士を目指すすべての人に!
宅建資格ゲッター > 平成21年度宅建過去問

平成21年宅建過去問 問11

【問 11】現行の借地借家法の施行後に設定された借地権に関する次の記述のうち、借地借家法の規定によれば、正しいものはどれか。 借地権の当初の存続期間中に借地上の建物の滅失があった場合で、借地権...


平成21年宅建過去問 問12

【問 12】A所有の甲建物につき、Bが一時使用目的ではなく賃料月額10万円で賃貸借契約を締結する場合と、Cが適当な家屋に移るまでの一時的な居住の目的として無償で使用貸借契約を締結する場合に関する次の記...


平成21年宅建過去問 問13

【問 13】建物の区分所有等に関する法律(以下この問において「法」という。)についての次の記述のうち、誤っているものはどれか。 管理者は、少なくとも毎年1回集会を招集しなければならない。また、...


平成21年宅建過去問 問14

【問 14】不動産の表示に関する登記についての次の記述のうち、誤っているものはどれか。 土地の地目について変更があったときは、表題部所有者又は所有権の登記名義人は、その変更があった日から1月以...


平成21年宅建過去問 問15

【問 15】国土利用計画法第23条の都道府県知事への届出(以下この問において「事後届出」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 宅地建物取引業者Aが都市計画区域外の10,000...


平成21年宅建過去問 問16

【問 16】都市計画法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。なお、この問における都道府県知事とは、地方自治法に基づく指定都市、中核市、特例市にあってはその長をいうものとする。 市街地開発...


平成21年宅建過去問 問17

【問 17】都市許画法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、この問における都道府県知事とは、地方自治法に基づく指定都市、中核市、特例市にあってはその長をいうものとする。 区域区...


平成21年宅建過去問 問18

【問 18】建築基準法に関する次のアからエまでの記途のうち、正しいものはいくつあるか。   ア 準都市計画区域(都道府県知事が都道府県都市計画審議会の意見を聴いて指定する区域を除...


平成21年宅建過去問 問19

【問 19】建築基準法(以下この問において「法」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 高度地区内においては、建築物の高さは、高度地区に関する地方公共団体の条例において定め...


平成21年宅建過去問 問20

【問 20】宅地造成等規制法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、この問における都道府県知事とは、地方自治法に基づく指定都市、中核市、特例市にあってはその長をいうものとする。 ...


宅建試験カウントダウン

宅建試験まで

人気記事ランキング

35条書面 重要事項の説明

都市計画法‐都市計画法の内容

報酬に関する制限

都市計画法‐開発許可

法令上の制限の攻略法

不動産登記法

建築基準法‐容積率・建ぺい率

建築基準法‐道路規定

宅建業免許

37条書面 契約内容を記載した書面

 

過去問ランキング

平成21年宅建過去問 問19

平成20年宅建過去問 問20

平成22年宅建過去問 問3

平成21年宅建過去問 問7

平成20年宅建過去問 問2

平成20年宅建過去問 問9

平成20年宅建過去問 問13

平成22年宅建過去問 問7

平成22年宅建過去問 問6

平成20年宅建過去問 問6

ログイン

è