宅建資格ゲッター - 宅地建物取引士を目指すすべての人に!
宅建資格ゲッター > 平成20年度宅建過去問

平成20年宅建過去問 問21

【問 21】建築基準法 (以下この問において 「法」 という。) に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。ただし、用途地域以外の地域地区等の指定及び特定行政庁の許可は考慮しないものとする。 ...


平成20年宅建過去問 問22

【問 22】宅地造成等規制法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、この問における都道府県知事とは、地方自治法に基づく指定都市、中核市、特例市にあってはその長をいうものとする。 ...


平成20年宅建過去問 問23

【問 23】土地区画整理法における仮換地指定に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 土地区画整理事業の施行者である土地区画整理組合が、施行地区内の宅地について仮換地を指定する場合、あ...


平成20年宅建過去問 問24

【問 24】農地法(以下この問において「法」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 現況は農地であるが、土地登記簿上の地目が原野である市街化調整区域内の土地を駐車場にするために...


平成20年宅建過去問 問25

【問 25】次の記述のうち、誤っているものはどれか。 自然公園法によれば、風景地保護協定は、当該協定の公告がなされた後に当該協定の区域内の土地の所有者となった者に対しても、その効力が及ぶ。 ...


平成20年宅建過去問 問26

【問 26】所得税法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 譲渡所得の長期・短期の区分について、総合課税とされる譲渡所得の基因となる機械の譲渡は、譲渡のあった年の1月1日において所有期間...


平成20年宅建過去問 問27

【問 27】印紙税に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 建物の賃貸借契約に際して敷金を受け取り、「敷金として20万円を領収し、当該敷金は賃借人が退去する際に全額返還する」旨を記載した敷...


平成20年宅建過去問 問28

【問 28】固定資産税に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 固定資産の所有者の所在が震災、風水害、火災等によって不明である場合には、その使用者を所有者とみなして固定資産課税台帳に登録し...


平成20年宅建過去問 問29

【問 29】不動産の鑑定評価に関する次の記述のうち、不動産鑑定評価基準によれば、正しいものはどれか。 不動産の価格を求める鑑定評価の手法は、原価法、取引事例比較法及び収益還元法に大別され、鑑定...


平成20年宅建過去問 問30

【問 30】次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、正しい内容のものはどれか。 Xは、甲県で行われた宅地建物取引主任者資格試験に合格した後、乙県に転...


宅建試験カウントダウン

宅建試験まで

人気記事ランキング

都市計画法‐都市計画法の内容

35条書面 重要事項の説明

手付貸与等の禁止

法令上の制限の攻略法

監督処分‐宅建業者

報酬に関する制限

都市計画法‐開発許可

宅建業免許

不動産登記法

建築基準法‐容積率・建ぺい率

 

過去問ランキング

平成21年宅建過去問 問19

平成20年宅建過去問 問20

平成20年宅建過去問 問9

平成20年宅建過去問 問5

平成23年宅建過去問 問19

平成20年宅建過去問 問13

平成21年宅建過去問 問18

平成22年宅建過去問 問6

平成22年宅建過去問 問21

平成22年宅建過去問 問7

ログイン

è