宅建資格ゲッター - 宅地建物取引士を目指すすべての人に!
宅建資格ゲッター > 平成20年度宅建過去問

平成20年宅建過去問 問1

【問 1】 行為能力に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。 成年被後見人が行った法律行為は、事理を弁識する能力がある状態で行われたものであっても、取り消すことができる...


平成20年宅建過去問 問2

【問 2】所有権がAからBに移転している旨が登記されている甲土地の売買契約に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。 CはBとの間で売買契約を締結して所有権移転登...


平成20年宅建過去問 問3

【問 3】AがBの代理人としてB所有の甲土地について売買契約を締結した場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。 Aが甲土地の売却を代理する権限をBから書面で...


平成20年宅建過去問 問4

【問 4】Aは、Bから借り入れた2,000万円の担保として抵当権が設定されている甲建物を所有しており、抵当権設定の後である平成20年4月1日に、甲建物を賃借人Cに対して賃貸した。Cは甲建物に住んでいる...


平成20年宅建過去問 問5

【問 5】Aは、Bに対する債権者であるが、Bが債務超過の状態にあるにもかかわらずB所有の甲土地をCに売却し所有権移転登記を経たので、民法第424条に基づく詐害行為取消権 (以下この問において「取消権」...


平成20年宅建過去問 問6

【問 6】AからBとCとが負担部分2分の1として連帯して1,000万円を借り入れる場合と、DからEが1,000万円を借り入れ、Fがその借入金返済債務についてEと連帯して保証する場合とに関する次の記述の...


平成20年宅建過去問 問7

【問 7】注意義務に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。 ある物を借り受けた者は、無償で借り受けた場合も、賃料を支払う約束で借り受けた場合も、善良な管理者の注意を...


平成20年宅建過去問 問8

【問 8】弁済に関する次の1から4までの記述のうち、判決文及び民法の規定によれば、誤っているものはどれか。   (判決文) 借地上の建物の賃借人はその敷地の地代の弁済について法...


平成20年宅建過去問 問9

【問 9】宅地建物取引業者であるAが、自らが所有している甲土地を宅地建物取引業者でないBに売却した場合のAの責任に関する次の記述のうち、民法及び宅地建物取引業法の規定並びに判例によれば、誤っているもの...


平成20年宅建過去問 問10

【問 10】Aは、自己所有の甲建物 (居住用) をBに賃貸し、引渡しも終わり、敷金50万円を受領した。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。 賃貸...


宅建試験カウントダウン

宅建試験まで

人気記事ランキング

35条書面 重要事項の説明

都市計画法‐都市計画法の内容

都市計画法‐開発許可

報酬に関する制限

法令上の制限の攻略法

建築基準法‐容積率・建ぺい率

不動産登記法

建築基準法‐道路規定

37条書面 契約内容を記載した書面

宅建業免許

 

過去問ランキング

平成21年宅建過去問 問19

平成20年宅建過去問 問20

平成20年宅建過去問 問13

平成21年宅建過去問 問20

平成22年宅建過去問 問7

平成22年宅建過去問 問6

平成22年宅建過去問 問3

平成21年宅建過去問 問7

平成20年宅建過去問 問9

平成21年宅建過去問 問22

ログイン

è