宅建資格ゲッター - 宅地建物取引士を目指すすべての人に!
宅建資格ゲッター > 平成25年度宅建過去問 > 平成25年宅建過去問 問5

平成25年宅建過去問 問5



宅建資格ゲッター問題集

 

【問 5】抵当権に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

  1. 債権者が抵当権の実行として担保不動産の競売手続をする場合には、被担保債権の弁済期が到来している必要があるが、対象不動産に関して発生した賃料債権に対して物上代位をしようとする場合には、被担保債権の弁済期が到来している必要はない。
  2. 抵当権の対象不動産が借地上の建物であった場合、特段の事情がない限り、抵当権の効力は当該建物のみならず借地権についても及ぶ。
  3. 対象不動産について第三者が不法に占有している場合、抵当権は、抵当権設定者から抵当権者に対して占有を移転させるものではないので、事情にかかわらず抵当権者が当該占有者に対して妨害排除請求をすることはできない。
  4. 抵当権について登記がされた後は、抵当権の順位を変更することはできない。

 

G 正解と解説はこちら

 

正解は「2」

 


宅建試験カウントダウン

宅建試験まで

人気記事ランキング

都市計画法‐都市計画法の内容

報酬に関する制限

35条書面 重要事項の説明

法令上の制限の攻略法

都市計画法‐開発許可

建築基準法‐道路規定

手付貸与等の禁止

監督処分‐宅建業者

建築基準法‐容積率・建ぺい率

宅建業免許

 

過去問ランキング

平成21年宅建過去問 問19

平成20年宅建過去問 問9

平成20年宅建過去問 問20

平成20年宅建過去問 問2

平成22年宅建過去問 問21

平成22年宅建過去問 問6

平成20年宅建過去問 問13

平成20年宅建過去問 問6

平成22年宅建過去問 問3

平成21年宅建過去問 問7

ログイン

è