宅建資格ゲッター - 宅地建物取引士を目指すすべての人に!
宅建資格ゲッター > 平成25年度宅建過去問 > 平成25年宅建過去問 問30

平成25年宅建過去問 問30



宅建資格ゲッター問題集

 

【問 30】宅地建物取引業者が行う宅地建物取引業法第35条に規定する重要事項の説明(以下この問において「重要事項説明」という。)及び同条の規定により交付すべき書面(以下この問において「35条書面」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 宅地建物取引業者は、宅地又は建物の売買について売主となる場合、買主が宅地建物取引業者であっても、重要事項説明は行わなければならないが、35条書面の交付は省略してよい。
  2. 重要事項説明時、請求がなくても主任者証を提示する必要があり、提示しないと宅建業者が20万円以下の罰金に処せられる。
  3. 宅建業者は、貸借の媒介の対象となる建物(昭和56年5月31日以前に新築)が、耐震診断を受けたものであっても、重要事項として説明しなくてもよい。
  4. 宅地建物取引業者は、重要事項説明において、取引の対象となる宅地又は建物が、津波防災地域づくりに関する法律の規定により指定された津波災害警戒区域内にあるときは、その旨を説明しなければならない。

 

G 正解と解説はこちら

 

正解は「4」

 


宅建試験カウントダウン

宅建試験まで

人気記事ランキング

35条書面 重要事項の説明

手付貸与等の禁止

都市計画法‐都市計画法の内容

その他・業務に関する規制

都市計画法‐開発許可

報酬に関する制限

建築基準法‐用途制限

媒介契約・代理契約

監督処分‐宅建業者

建築基準法‐容積率・建ぺい率

 

過去問ランキング

平成20年宅建過去問 問1

平成21年宅建過去問 問19

平成22年宅建過去問 問4

平成20年宅建過去問 問13

平成21年宅建過去問 問7

平成20年宅建過去問 問9

平成21年宅建過去問 問20

平成23年宅建過去問 問19

平成20年宅建過去問 問2

平成21年宅建過去問 問40

ログイン

è