宅建資格ゲッター - 宅地建物取引士を目指すすべての人に!
宅建資格ゲッター > 平成22年度宅建過去問 > 平成22年宅建過去問 問34

平成22年宅建過去問 問34



宅建資格ゲッター問題集

 

【問 34】次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、正しいものはどれか。

  1. 宅地建物取引業者が建物の貸借の媒介を行う場合、借賃以外に金銭の授受があるときは、その額及び授受の目的について、法第35条に規定する重要事項を記載した書面に記載しているのであれば、法第37条の規定により交付すべき書面(以下この問において「37条書面」という。)に記載する必要はない。
  2. 宅地建物取引業者が区分所有建物の貸借の媒介を行う場合、損害賠償の予定又は違約金に関する特約の内容について、37条書面に記載する必要はないが、売買の媒介を行う場合は、当該内容について37条書面に記載する必要がある。
  3. 土地付建物の売買契約において、買主が金融機関から住宅ローンの承認を得られなかったときは契約を無条件で解除できるという取り決めがある場合、当該売買の媒介を行う宅地建物取引業者は、自ら住宅ローンのあっせんをする予定がなくても、37条書面にその取り決めの内容を記載する必要がある。
  4. 宅地建物取引業者Aが、宅地建物取引業者でないBから建物の売却の依頼を受け、AとBとの間で専属専任媒介契約を締結した場合、Aが探索した相手方以外の者とBとの間で売買契約締結したときの措置について、AとBとの間で取り決めがなければ、Aは法第34条の2第1項の規定に基づき交付すべき書面に記載する必要はない。

 

G 正解と解説はこちら

 

正解は「3」

 

平成22年宅建過去問 問34のポイント

宅地建物取引業法第37条

(書面の交付)
第三十七条  宅地建物取引業者は、宅地又は建物の売買又は交換に関し、自ら当事者として契約を締結したときはその相手方に、当事者を代理して契約を締結したときはその相手方及び代理を依頼した者に、その媒介により契約が成立したときは当該契約の各当事者に、遅滞なく、次に掲げる事項を記載した書面を交付しなければならない。
一  当事者の氏名(法人にあつては、その名称)及び住所
二  当該宅地の所在、地番その他当該宅地を特定するために必要な表示又は当該建物の所在、種類、構造その他当該建物を特定するために必要な表示
三  代金又は交換差金の額並びにその支払の時期及び方法
四  宅地又は建物の引渡しの時期
五  移転登記の申請の時期
六  代金及び交換差金以外の金銭の授受に関する定めがあるときは、その額並びに当該金銭の授受の時期及び目的
七  契約の解除に関する定めがあるときは、その内容
八  損害賠償額の予定又は違約金に関する定めがあるときは、その内容
九  代金又は交換差金についての金銭の貸借のあつせんに関する定めがある場合においては、当該あつせんに係る金銭の貸借が成立しないときの措置
十  天災その他不可抗力による損害の負担に関する定めがあるときは、その内容
十一  当該宅地若しくは建物の瑕疵を担保すべき責任又は当該責任の履行に関して講ずべき保証保険契約の締結その他の措置についての定めがあるときは、その内容
十二  当該宅地又は建物に係る租税その他の公課の負担に関する定めがあるときは、その内容
2  宅地建物取引業者は、宅地又は建物の貸借に関し、当事者を代理して契約を締結したときはその相手方及び代理を依頼した者に、その媒介により契約が成立したときは当該契約の各当事者に、次に掲げる事項を記載した書面を交付しなければならない。
一  前項第一号、第二号、第四号、第七号、第八号及び第十号に掲げる事項
二  借賃の額並びにその支払の時期及び方法
三  借賃以外の金銭の授受に関する定めがあるときは、その額並びに当該金銭の授受の時期及び目的
3  宅地建物取引業者は、前二項の規定により交付すべき書面を作成したときは、取引主任者をして、当該書面に記名押印させなければならない。

平成22年宅建過去問 問34の選択肢1の解説

宅建業者が建物の貸借の媒介を行う場合、借賃以外に金銭の授受があるときは、その額及び授受の目的について、37条の規定により交付すべき書面に記載する必要があります。よって誤り。

平成22年宅建過去問 問34の選択肢2の解説

損害賠償の予定又は違約金に関する特約の内容がある場合には、売買、交換、貸借のいづれの契約であっても、37条書面に記載しなければなりません。よって誤り。

平成22年宅建過去問 問34の選択肢3の解説

買主が金融機関から住宅ローンの承認を得られなかったときは契約を無条件で解除できるという取り決めがある場合』というのは、契約の解除についての定めです。契約の解除についての定めがあるときは37条書面に記載しなければなりません。

住宅ローンのあっせんをする予定があってもなくても契約の解除の定めを記載しなければなりません。よって正しい。

 

ちなみに、契約の解除の定めも、ローンのあっせんに関する定めも取り決めがある場合に記載することになっています。

 

平成22年宅建過去問 問34の選択肢4の解説

専属専任媒介契約を締結した場合、依頼者が宅建業者の探索した相手方以外の者と契約締結したときの措置は媒介契約書面に必ず記載する必要があります

したがって、取り決めをしたうえでその旨を書面に記載しなければなりません。


宅建試験カウントダウン

宅建試験まで

人気記事ランキング

35条書面 重要事項の説明

都市計画法‐都市計画法の内容

37条書面 契約内容を記載した書面

都市計画法‐開発許可

借地借家法‐借家

法令上の制限の攻略法

建築基準法‐建築確認

建築基準法‐容積率・建ぺい率

手付貸与等の禁止

民法‐条文問題

 

過去問ランキング

平成23年宅建過去問 問24

平成21年宅建過去問 問19

平成20年宅建過去問 問13

平成25年宅建過去問 問5

平成25年宅建過去問 問10

平成22年宅建過去問 問6

平成25年宅建過去問 問1

平成25年宅建過去問 問2

平成25年宅建過去問 問11

平成23年宅建過去問 問22

人気商品アクセスランキング

縦横ストレッチ ぴったりフィットソファーカバー(肘付き2人掛け 幅120~140cm) モスグリーン

縦横ストレッチ ぴったりフィットソファーカバー(肘付き2人掛け 幅120~140cm) モスグリーンの詳細を見る
(税込)

ボリュームデザインソファー/ローソファー 【3人掛け】 合成皮革/合皮 『Phonics』 肘付き ブラック(黒)

ボリュームデザインソファー/ローソファー 【3人掛け】 合成皮革/合皮 『Phonics』 肘付き ブラック(黒)の詳細を見る
(税込)

ソファー 3人掛け【Stinger】キャメルブラウン 北欧デザイン木肘レザーソファ【Stinger】スティンガー

ソファー 3人掛け【Stinger】キャメルブラウン 北欧デザイン木肘レザーソファ【Stinger】スティンガーの詳細を見る
(税込)

ひとりじめしたくなるリクライニングカウチソファー オレンジ

ひとりじめしたくなるリクライニングカウチソファー オレンジの詳細を見る
(税込)

ボリュームカウチソファー 【3人掛けソファー/スツールセット】 ファブリック地 肘付き ハイバック仕様 ブラウン

ボリュームカウチソファー 【3人掛けソファー/スツールセット】 ファブリック地 肘付き ハイバック仕様 ブラウンの詳細を見る
(税込)

カテゴリ

ログイン

è