宅建資格ゲッター - 宅地建物取引士を目指すすべての人に!
宅建資格ゲッター > 平成21年度宅建過去問 > 平成21年宅建過去問 問36

平成21年宅建過去問 問36



宅建資格ゲッター問題集

 

【問 36】宅地建物取引業者Aが、甲建物の売買の媒介を行う場合において、宅地建物取引業法第37条の規定により交付すべき書面(以下この問において「37条書面」という。)に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定に違反しないものはどれか。

  1. Aは、宅地建物取引主任者をして、37条書面を作成させ、かつ当該書面に記名押印させたが、買主への37条書面の交付は、宅地建物取引主任者ではないAの従業員に行わせた。
  2. 甲建物の買主が宅地建物取引業者であったため、Aは売買契約の成立後における買主への37条書面の交付を省略した。
  3. Aは、37条書面に甲建物の所在、代金の額及び引渡しの時期は記載したが、移転登記の申請の時期は記載しなかった。
  4. Aは、あらかじめ売主からの承諾を得ていたため、売買契約の成立後における売主への37条書面の交付を省略した。

 

G 正解と解説はこちら

 

正解は「1」

 

平成21年宅建過去問 問36の選択肢1の解説

宅地建物取引業法第37条の書面はについての交付は、特に規定はありません。(宅地建物取引業法 第37条)よって違反しない。

平成21年宅建過去問 問36の選択肢2の解説

宅地建物取引業者が、売買の媒介を行う場合において、各当事者に遅滞なく、宅地建物取引業法第37条の書面を交付しなければなりません。買主が宅地建物取引業者であろうと37条書面の交付は省略できません。(宅地建物取引業法 第1項)よって違反する。

平成21年宅建過去問 問36の選択肢3の解説

建物の所在、代金の額及び引渡しの時期と共に、移転登記の申請の時期も、宅地建物取引業法第37条の書面の記載事項になっています。(宅地建物取引業法 第37条1項5号)よって違反する。

平成21年宅建過去問 問36の選択肢4の解説

宅地建物取引業者が、売買の媒介を行う場合において、各当事者に遅滞なく、宅地建物取引業法第37条の書面を交付しなければなりません。あらかじめ承諾を得ていようと37条書面の交付を省略できません。(宅地建物取引業法 第37条1項)よって違反する。


宅建試験カウントダウン

宅建試験まで

人気記事ランキング

都市計画法‐都市計画法の内容

35条書面 重要事項の説明

手付貸与等の禁止

法令上の制限の攻略法

監督処分‐宅建業者

報酬に関する制限

都市計画法‐開発許可

宅建業免許

不動産登記法

建築基準法‐容積率・建ぺい率

 

過去問ランキング

平成21年宅建過去問 問19

平成20年宅建過去問 問20

平成20年宅建過去問 問9

平成20年宅建過去問 問5

平成23年宅建過去問 問19

平成20年宅建過去問 問13

平成21年宅建過去問 問18

平成22年宅建過去問 問6

平成22年宅建過去問 問21

平成22年宅建過去問 問7

ログイン

è