宅建資格ゲッター - 宅地建物取引士を目指すすべての人に!
宅建資格ゲッター > 平成21年度宅建過去問 > 平成21年宅建過去問 問50

平成21年宅建過去問 問50



宅建資格ゲッター問題集

 

【問 50】建物の構造に関する次の記述のうち、不適当なものはどれか。

  1. 鉄骨構造の特徴は、自重が重く、耐火被覆しなくても耐火構造にすることができる。
  2. 鉄筋コンクリート構造は、耐火、耐久性が大きく骨組形態を自由にできる。
  3. 鉄骨鉄筋コンクリート構造は、鉄筋コンクリート構造よりさらに優れた強度、じん性があり高層建築物に用いられる。
  4. 集成木材構造は、集成木材で骨組を構成した構造で体育館等に用いられる。

 

G 正解と解説はこちら

 

正解は「1」

 

平成21年宅建過去問 問50の選択肢1の解説

鉄骨構造とは、鉄鋼財を用いる建築構造のことです。その特徴は、木材を用いる建築物より強度が高く、鉄筋コンクリート構造の建築物に比べ自重が軽いことがあげられます。
ただし、構造材は不燃物であるが、鉄骨は加熱に弱く、500℃前後で急激にその強度が失われるといわれています
そのため、耐火構造とするためには、耐火被覆を施すことが必要です。よって不適当です。

平成21年宅建過去問 問50の選択肢2の解説

鉄筋コンクリート構造は、鉄がもつ粘り強さとコンクリートがもつ高い圧縮強度と熱に強い特徴を合わせもち、耐火性、耐久性が大きいといわれています
また、骨組形態を自由にできる利点もあります。よって適当です。

平成21年宅建過去問 問50の選択肢3の解説

鉄骨鉄筋コンクリート構造は、鉄筋コンクリート構造と鉄骨構造の長所を兼ね備え、優れ強度、じん性をもっています。主に高層建築物に用いられます。よって適当です。

平成21年宅建過去問 問50の選択肢4の解説

集成木材とは、小さな木材(暑さ2㎝~5㎝程度)の板を接着剤で再構築して作られる木材です。集成木材構造は、学校建築物(体育館等)などの大型公共施設に用いられています。よって適当です。


宅建試験カウントダウン

宅建試験まで

人気記事ランキング

都市計画法‐都市計画法の内容

報酬に関する制限

35条書面 重要事項の説明

法令上の制限の攻略法

都市計画法‐開発許可

建築基準法‐道路規定

手付貸与等の禁止

監督処分‐宅建業者

建築基準法‐容積率・建ぺい率

宅建業免許

 

過去問ランキング

平成21年宅建過去問 問19

平成20年宅建過去問 問9

平成20年宅建過去問 問20

平成20年宅建過去問 問2

平成22年宅建過去問 問21

平成22年宅建過去問 問6

平成20年宅建過去問 問13

平成20年宅建過去問 問6

平成22年宅建過去問 問3

平成21年宅建過去問 問7

ログイン

è