宅建資格ゲッター - 宅地建物取引士を目指すすべての人に!
宅建資格ゲッター > 平成20年度宅建過去問 > 平成20年宅建過去問 問49

平成20年宅建過去問 問49



宅建資格ゲッター問題集

 

【問 49】土地の形質に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 地表面の傾斜は、等高線の密度で読み取ることができ、等高線の密度が高い所は傾斜が急である。
  2. 扇状地は山地から平野部の出口で、勾配が急に緩やかになる所に見られ、等高線が同心円状になるのが特徴的である。
  3. 等高線が山頂に向かって高い方に弧を描いている部分は尾根で、山頂から見て等高線が張り出している部分は谷である。
  4. 等高線の間隔の大きい河口付近では、河川の氾濫により河川より離れた場所でも浸水する可能性が高くなる。

 

G 正解と解説はこちら

 

正解は「3」

 

平成20年宅建過去問 問49の選択肢1の解説

等高線の密度

等高線の密度が高いところ(等高線の間隔が狭いところ)は斜面が急であり、逆に密度が低いところ(等高線の間隔が広いところ)は斜面は緩やかです。よって正しい。

平成20年宅建過去問 問49の選択肢3の解説

尾根の等高線は、山頂から見て標高の低い方に弧を描いています。逆に、谷の等高線は、山頂から見て、標高の高い方に弧を描いたいます。

 

尾根と谷の等高線

本肢では、尾根と谷の表現が反対になっています。よって誤り。

 

平成20年宅建過去問 問49の選択肢4の解説

等高線の間隔の大きいという事は、傾斜が緩やかということです。このような河口付近の場所では、河川の氾濫により河川より離れた場所でも浸水する可能性が高くなります。


宅建試験カウントダウン

宅建試験まで

人気記事ランキング

35条書面 重要事項の説明

都市計画法‐都市計画法の内容

都市計画法‐開発許可

法令上の制限の攻略法

建築基準法‐容積率・建ぺい率

報酬に関する制限

37条書面 契約内容を記載した書面

手付貸与等の禁止

土地区画整理法

不動産登記法

 

過去問ランキング

平成21年宅建過去問 問19

平成20年宅建過去問 問13

平成20年宅建過去問 問20

平成20年宅建過去問 問9

平成21年宅建過去問 問20

平成20年宅建過去問 問49

平成22年宅建過去問 問3

平成20年宅建過去問 問2

平成23年宅建過去問 問5

平成21年宅建過去問 問7

ログイン

è