宅建資格ゲッター - 宅地建物取引士を目指すすべての人に!
宅建資格ゲッター > 平成20年度宅建過去問 > 平成20年宅建過去問 問47

平成20年宅建過去問 問47



宅建資格ゲッター問題集

 

【問 47】宅地建物取引業者が行う広告等に関する次の記述のうち、不当景品類及び不当表示防止法(不動産の表示に関する公正競争規約の規定を含む。)によれば、正しいものはどれか。

  1. 最寄りの駅から特定の勤務地までの電車による通勤時間を表示する場合は、通勤時に電車に乗車している時間の合計を表示し、乗換えを要することや乗換えに要する時間を含んでいないことを表示する必要はない。
  2. 新聞広告や新聞折込チラシにおいては、物件の面積や価格といった、物件の内容等を消費者に知ってもらうための事項を表示するのに併せて、媒介、売主等の取引態様も表示しなければならない。
  3. インターネット広告においては、最初に掲載する時点で空室の物件であれば、その後、成約済みになったとしても、情報を更新することなく空室の物件として掲載し続けてもよい。
  4. 販売しようとしている売地が、都市計画法に基づく告示が行われた都市計画道路の区域に含まれている場合、都市計画道路の工事が未着手であれば、都市計画道路の区域に含まれている旨の表示は省略できる。

 

G 正解と解説はこちら

 

正解は「2」

 

平成20年宅建過去問 問47の選択肢1の解説

電車、バス等の交通機関の所要時間を表示する場合、通勤時に電車、バス等の交通機関に乗車している時間の合計を表示し、乗換えを要するときは、その旨を明示しなければいけません。(不動産の表示に関する公正競争規約施行規則 第11条(6)号 )よって誤り。

平成20年宅建過去問 問47の選択肢2の解説

新聞広告や折込チラシ等の表示媒体において、物件の面積や価格などの物件の内容等を表示するときは、物件の種別ごとに、見やすい大きさ、場所、色彩の文字、分かりやすい表現で明りょうに表示しなければいけません。また、取引形態も併せて表示しなければいけません。(不動産の表示に関する公正競争規約 第8条 ) 不動産の表示に関する公正競争規約施行規則 第11条(1)号 よって正しい。

 

取引形態の表示については、宅地建物取引業法 第34条 でも明示しなければならないとされています。

 

表示媒体とは

・新聞、雑誌広告(新聞記事下広告、住宅専門雑誌記事中広告、その他新聞・雑誌広告)
・新聞折込チラシ等
・パンフレット等
・インターネット広告

平成20年宅建過去問 問47の選択肢3の解説

事業者は、継続して物件に関する広告その他の表示をする場合において、当該広告その他の表示の内容に変更があったときは、速やかに修正し、又はその表示を取りやめなければなりません。( 不動産の表示に関する公正競争規約 第24条 )この表示とは、情報処理の用に供する機器による広告表示(インターネット等)にも適用されます。(不動産の表示に関する公正競争規約 第4条5項(5)号 )

 

事業者は、存在しない物件、取引対象となり得ない物件、取引の意思がない物件などのおとり広告に該当する広告表示をしてはなりません。(不動産の表示に関する公正競争規約 第21条 )よって誤り。

平成20年宅建過去問 問47の選択肢4の解説

一般消費者が通常予期することができない物件の地勢、形質、立地、環境等に関する事項や相手方に不利な取引条件について、見やすい場所に、見やすい大きさ、見やすい色彩の文字により、分かりやすい表現で明りょうに表示しなければならず(不動産の表示に関する公正競争規約 第13条)、道路区域が指定され又は都市計画法の告示が行われた都市計画道路等の区域に係る土地については、その旨を明示しなければなりません。(不動産の表示に関する公正競争規約施行規則 第9条(13)号)よって誤り。


宅建試験カウントダウン

宅建試験まで

人気記事ランキング

35条書面 重要事項の説明

手付貸与等の禁止

都市計画法‐都市計画法の内容

その他・業務に関する規制

都市計画法‐開発許可

報酬に関する制限

建築基準法‐用途制限

媒介契約・代理契約

監督処分‐宅建業者

建築基準法‐容積率・建ぺい率

 

過去問ランキング

平成20年宅建過去問 問1

平成21年宅建過去問 問19

平成22年宅建過去問 問4

平成20年宅建過去問 問13

平成21年宅建過去問 問7

平成20年宅建過去問 問9

平成21年宅建過去問 問20

平成23年宅建過去問 問19

平成20年宅建過去問 問2

平成21年宅建過去問 問40

ログイン

è