宅建資格ゲッター - 宅地建物取引士を目指すすべての人に!
宅建資格ゲッター > 宅建資格問題の検索

宅建資格問題の検索



実施年度
法律別
フリーワード
キーワード
b キーワードで検索はここをクリック!

 

  

 

この条件で2件ヒットしました!

【問 16】都市計画法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 市街化区域については、少なくとも用途地域を定めるものとし、市街化調整区域については、原則として用途地域を定めないものとされている。
  2. 準都市計画区域は、都市計画区域外の区域のうち、新たに住居都市、工業都市その他の都市として開発し、及び保全する必要がある区域に指定するものとされている。
  3. 区域区分は、指定都市、中核市及び特例市の区域の全部又は一部を含む都市計画区域には必ず定めるものとされている。
  4. 特定用途制限地域は、用途地域内の一定の区域における当該区域の特性にふさわしい土地利用の増進、環境の保護等の特別の目的の実現を図るため当該用途地域の指定を補完して定めるものとされている。
G 正解はこちら

【問 19】建築基準法(以下この問において「法」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 高度地区内においては、建築物の高さは、高度地区に関する地方公共団体の条例において定められた内容に適合するものでなければならない。
  2. 認可の公告のあった建築協定は、その公告のあった日以後に協定の目的となっている土地の所有権を取得した者に対しても、効力がある。
  3. 商業地域内にある建築物については、法第56条の2第1項の規定による日影規制は、適用されない。ただし、冬至日において日影規制の対象区域内の土地に日影を生じさせる、高さ10mを超える建築物については、この限りでない。
  4. 特別用途地区内においては、地方公共団体は、その地区の指定の目的のために必要と認める場合においては、国土交通大臣の承認を得て、条例で、法第48条の規定による建築物の用途制限を緩和することができる。
G 正解はこちら

宅建試験カウントダウン

宅建試験まで

人気記事ランキング

都市計画法‐都市計画法の内容

35条書面 重要事項の説明

法令上の制限の攻略法

報酬に関する制限

都市計画法‐開発許可

借地借家法‐借家

建築基準法‐建築確認

手付貸与等の禁止

37条書面 契約内容を記載した書面

建築基準法‐容積率・建ぺい率

 

過去問ランキング

平成21年宅建過去問 問19

平成20年宅建過去問 問13

平成20年宅建過去問 問2

平成25年宅建過去問 問27

平成23年宅建過去問 問5

平成23年宅建過去問 問24

平成22年宅建過去問 問3

平成20年宅建過去問 問40

平成22年宅建過去問 問6

平成21年宅建過去問 問20

人気商品アクセスランキング

ソファー 3人掛け【Stinger】キャメルブラウン 北欧デザイン木肘レザーソファ【Stinger】スティンガー

ソファー 3人掛け【Stinger】キャメルブラウン 北欧デザイン木肘レザーソファ【Stinger】スティンガーの詳細を見る
(税込)

イタリア製ストレッチフィットソファーカバー Firenze〔フィレンツェ〕一体型 3人掛け用 肘付き 3人掛け アイボリー

イタリア製ストレッチフィットソファーカバー Firenze〔フィレンツェ〕一体型 3人掛け用  肘付き 3人掛け アイボリーの詳細を見る
(税込)

ひとりじめしたくなるリクライニングカウチソファー オレンジ

ひとりじめしたくなるリクライニングカウチソファー オレンジの詳細を見る
(税込)

ソファー ブラック フロアコーナーカウチソファ【Levin】レヴィン

ソファー ブラック フロアコーナーカウチソファ【Levin】レヴィンの詳細を見る
(税込)

リクライニングチェア/リクライニングソファー 【1人掛け/オレンジ】 ファブリック布地 『アンティ』 木製脚 ハイバック仕様

リクライニングチェア/リクライニングソファー 【1人掛け/オレンジ】 ファブリック布地 『アンティ』 木製脚 ハイバック仕様の詳細を見る
(税込)

カテゴリ

ログイン

è